ごあいさつ

当御浜ファームは、世界遺産に指定された熊野山地の、緑豊かな丘陵地帯に位置し、総面積30ヘクタールの敷地に、牛舎、堆肥舎、搾乳棟などの建物が整然と建ち並んでいます。牛舎の天井の高さは12メートル、快適で清潔な舎内で、周りの自然そのままの新鮮な空気をたっぷりと吸いながら、千頭以上の乳牛がゆったりと暮らしています。

今のこの姿になるまでには、長い年月の試行錯誤がありました。

創業者は、19歳の春、3頭の乳牛を連れて、北海道から7日間貨車に揺られた末に、新宮駅に降り立ちました。 それが酪農人生のスタートであり、当牧場の誕生だったのです。

会社案内

愛情豊かな環境で育てた牛のおいしい牛乳と牛肉の生産を通じ人々に健康と活力を提供し「環境保全型畜産業」として地域と共存共栄する「安全、安心、ゆとり」の職場をつくり日本の畜産業のモデルとなりたい。それが御浜ファームの経営ビジョンです。

事業内容

御浜ファームは主に6部門から成り立っています。それぞれの部門が協力しながら、おいしい牛乳、健康な仔牛をお届けしています。

会社の取り組み

経営ビジョンに基づいて、「安全、安心、ゆとり」の職場をつくるために従業員の安全意識の向上促進を目的とする『安全の会』 従業員間のコミュニケーション促進と福利厚生の充実を目的とする『コミュニケーションの会』を発足し、毎月ミーティングを行っています。